中国におけるデジタルコンテンツのビジネスモデルとマネタイズ

皆さん、こんにちは、mqmの王です。

今回は中国におけるデジタルコンテンツのビジネスモデルについて考えてみたいと思います。

ここでのコンテンツはテキスト(記事)、音声、写真、動画などが含まれています。日本も同じですが、以前から、特に個人で、ブログなどのコンテンツを制作し、アフィリエイトぐらいしか、マネタイズできない時代がありました。しかし、今はほぼすべて種類のコンテンツが現金化できるようになっています。

コンテンツマネタイズの種類

記事コンテンツ

「自媒体」と呼ばれている個人を中心としたメディアで、ブログ、SNSを中心として、コンテンツを生産しています。マネタイズの流れとしては、知名度を持つようになれば、Wechat「公衆号」の形で記事を制作し、基本無料で記事を読めますが、「打赏」と呼ばれプラグインを実装し、ユーザー自らの気持ちで、

「罗辑思维」罗辑思维の公式アプリ「得到」とは