【注意喚起】中国向け越境ECをされる方必見です。

皆さん、こんにちは、mqmの王です。

中国向けの越境EC特に、Taobao、Tmallを運営されている方はぜひ知っておきたいことをお伝えたいと思います。日本の商品が中国でかなり人気で、取り扱うショップも多いです。そのため、いろいろのトラブルも多いです。最近入手できたの悪質なケースを皆さんと共有し、運営時に注意を払う必要があります。

食品・化粧品関連が多いですが、単価安いため、海外直送はなかなか難しいです。まとめて中国に輸出し、現地で発送する手段が主流ですが、この場合、商品に輸入元や成分などの中国語表記のラベルを貼ることが必要となります。しかし、特に個人で運営される場合は、中国語表記のないケースがほとんどで、トラブルのもととなります。

海外の食品、化粧品を販売するショップを狙って、専門の悪質な組織もあるみたいです。手口として、まず中国国内の発送の海外商品を取り扱うショップを探し、普通に商品を注文し、商品が到着後、中国語の表記がないため、食中毒やアレルギーなど理由で訴えて、賠償金を求めます。ショップ側が応じないと、訴訟すると脅かします。ショップ側が退店などのことを心配で、応じたケースが何件か情報入ってます。金額的に数万円程度ですが、このようなケースが確実に増えていますので、共有するまで。

特徴は:

・荷物が局留め

・受取人が偽名

・新規のアカウント、またはレビューが悪い(中国では消費者のレビューも見れます)基本95%以下のお客さんと何等かのもめごとが多いです。

受注、発送する際に、少し注意すると、事前に回避することもありますので、ぜひ実行してみてください。