世界中に飛び回って買付している中国の個人バイヤーとは

皆さん、こんにちは、mqmの王です。

中国語で「人肉」という単語ご存じでしょうか。人のニクと書いて実際は本当の肉ではありません。昔、ネットで人々の力で何かを探すの意味で使われてたことがあって、最近、バイヤーが海外で商品を買付て、自分が中国に持ち込みの意味をする、割とTaobaoなどのCtoCで流行っている。

 

 

 

関連の単語は、人肉代购(代理購入する)、人肉代购 日本(日本の商品を代理購入する)などがあります。※代理購入は日本が上位に表示されている。

代购とは代理購入の略で、Taobaoで1537万点の商品が出品されている。世界中の商品が取引されている中、常に上位入る国は韓国、アメリカ、香港、日本、イタリア、フランスです。比較的に高単価で、かなり人気あります。

 

 

日本での爆買い現象はこちらのバイヤーたちによるものも多いです。

もし、越境ECを考えてる場合やもうすでにされている場合は、こちらの情報を常にチェックした方がいいです。