決断のプロセス

皆さん、こんにちは!

ご無沙汰しております。

久々の投稿となりますが、酔っぱらっているので、文字打ちがしにくい状態です!

編集も一切しませんので、誤字・脱字はご了承ください。

前半:謝り

前の事務所から移転以来、最近の会社のお知らせを除く、王の日記として1年8か月振りの投稿となります。

決して、2年近くサボっておりません!

今後、少しずつ投稿していきたいと思っております!

 

後半:長いよ、酔っぱらっているものだから!

さて、題名通り、

あれ?なんでしたっけ?ちょっと待ってくださいよ。

あっ!そうだ!「決断」だ!との話だ!

告げようとすることまで、忘れてしまい。ごめんなさい。

結局は、

決断を下るまでのプロセスについて考えてみたいと思います。

人生の中で、色んなシチュエーションで決断をするシーンに遭遇すると想定されます。(実はそうだと思いますが。。)

些細なことは、

夕飯は何を食べる?

明日は何をする?

何時に起きればいいの?

など、

仕事にかかわると、

明日のスケジュールをどう決める?

会社的に次は何をやればいいの?

的なことがあります。

 

正直、

『どうでもいい』ことはほとんどなんです!

 

しかし、

そんな、『どうでもいい』ことは人生の決断をすること中、ほぼ全部占めていることでしょう?

 

人生に大きく関与する決断は、一生でも回数は限られていると思います。

人並であれば、決断すらしなくてもいいでしょう!

 

そして、決断をするには、

 

何故、決断をすべきなのか?(目的)

メリットとデメリット(得失)

 

を基準に判断する必要があります。

 

順番に考えると、

 

目的があってからの得失があると思います。

 

目的が変わると、得失の基準が変わるためです。

 

得失(結果)によって、決断の是非が決めるはずです。

 

だが、

 

ほとんどの方(自分もそうですが)は、目的がわからないまま、決断を下すような行為をしていると思います。

振り返ってみると、正しいかどうかは自分でもわからない。

 

この状態は「無明」といいましょう。

 

大前提として、

 

・決断を下すと何か因果関係の引き金となります。

・自分の決断が正しいと思われるように解釈したがっています。

 

これを前提に、

 

おそらくは、自分のために優先されることは多いでしょう!

 

人はいい人、悪い人の評価基準も、

 

・自分に有利なのか。

・ほとんどの人に有利なのか。