iPhoneが故障してから分かったこと

皆さん、こんにちは、mqmの王です。

 

 

ここ数日、iPhoneのタッチパネル故障し、使えなくなりましてから、最初は不便と思ってましたが、スマホを触る時間が減ると、いいこともあります。

 

手の痛みが減りました

 

ずっとスマホといじってるせいで、左手の痛みが時々現れます。(スマホは左利き)故障してから、あまり使わなくなったので、なんと改善されました。継続すると治るはずですね。

 

仕事に集中する時間が増えました

 

スマホで情報収集する癖があって、ついつい長時間になってしまいがちです。故障してから、パソコンでチェックするようになると、スマホより全然効率がいいってことを改めて気づきました。

 

オフの時間は子供と遊ぶ時間が増えました

 

スマホを見ながら、子供と一緒の時間は思い切って遊べないので、どうせ使えないから、子供と一緒に遊ぶことも集中できるので、楽しい時間が得るわけですよ。

 

食事もおいしく感じます

 

普段よくない習慣ですが、ご飯を食べながらもついつい見てしまう。どうせ使えないから、食事ということを楽しめるので、おいしくいただけます。

 

ということで、普段気づかないうちに生活がスマホ中心になってしまいがちです。スマホから便利を得た代わりに、生活で失ったこともあります。結局バランスが大事だと思います。

余談となりますが、スマホ時代になってから、携帯をなくしたことをあまり聞かなくなったね。笑