Pokemon Goについて

皆さん、こんにちは、mqmの王です。

 

 

まだ日本に上陸していないPokemon Go(ポケモンGO)ですが、世界中を圧巻しました。男女問わず、中毒者もたくさんでており、関連ニュースや情報も毎日大量に目にします。

Pokemon Goのすごいところはとにかく凄まじいスピードで普及している、まだ止まる気配がありません。世界でまだ数国しか提供してないので、まだまだ伸びる余地があります。バブルかもしれませんが、任天堂の株価も1週間で1兆数千億円も跳ね上がる効果をもたらしています。しかも、スタート時点でユーザー課金が多いので、一時的でなければ、ある意味やばいです。2Cも2Bも課金しやい構造で非常に面白いです。最も興味深いところは、数年前からすでにARアプリ・ゲームがありましたが、これほどの効果がなかったので、Pokemon Goはすべてのプロセスにおいて、大変素晴らしいです。

問題は、どこまで続くのかはしばらく観測する必要があります。また、任天堂は他のIPをたくさん握ってるわけで、類似のゲームを開発することも十分考えられます。ここまでヒットするものは、真似するところもたくさん現れます。ユーザーをいかに飽きさせないのも工夫する必要があります。

個人的な考えで、ARはまだハードウェアを中心に試行錯誤しているにも関わらず、既存のスマホで、予想外のコンテンツが飛び込んできたことも醍醐味であります。厳密でいうとPokemon GOはAR本当の姿ではありませんが、これをきっかけにハード、プラットフォーム、コンテンツの流れを見えてくるかもしれません。